日本

佐和隆光 名言数 8

(1942~) 日本の経済学者。 滋賀大学学長。 紫綬褒章受章者。

佐和隆光 名言数 8

(1942~) 日本の経済学者。 滋賀大学学長。 紫綬褒章受章者。

色川大吉 名言数 4

(1925年~) 日本の歴史家。 五日市憲法草案の発見者。 東京経済大学名...

広告
トマ・ピケティ 名言数 34

1971年5月7日生まれ。 フランス出身の経済学者。 EHESS(社会学高等...

広告
堀井憲一郎 名言数 1

(1958~) 日本の作家。コラムニスト。

吉本隆明 名言数 78

1924年(大正13年)11月25日生まれ。日本の思想家、詩人、評論家、東京工業...

吉本隆明 名言数 78

1924年(大正13年)11月25日生まれ。日本の思想家、詩人、評論家、東京工業...

桂枝雀 名言数 11

2代目桂 枝雀(かつら しじゃく、本名:前田 達(まえだ とおる)、1939年(...

足の指先は、座布団から離さない。

その破天荒な芸風は、自身の心のベクトルをそのまま表していた。
ところがその中には鬱を呼び起こす程の理屈理論が渦巻いてもいた。
毎回観れば風味を少しコロコロと変えて行く高座。
その一方で芸のこだわりもとても強かった。
理屈を使うことで芸に強靭な基盤を固める。
だが同じく理論派噺家、立川談志を少し嫌悪するほど理屈嫌い。
そもそも人の話をじっと聞くことができなかった。
でも落語や笑いについては長々と話せ聞けた。
どうだろう、この矛盾。
芸のこだわりといえば多かったが、ほぼ厳則になっているのが上記のものである。「親子酒」で高座から転げ落ちる時も座布団を抱えて落ちたとか。
もともと落語にルールがあるわけではないが、春風亭小朝が指摘するように「師匠の芸風はまず東京に行けば直される」
そして「芸にはある程度の決まりがあるものだが、枝雀師匠は『座布団から離れない』以外は全部壊していましたね」...と。
つまりそれは最大限ルールを壊した結果であったという。
もし、枝雀が再び鬱に打ち勝ち、落語を続けていたとすればどうしていただろう。
座布団を飛び出す、振り回すなど一層パワーフルな高座か。
米朝の如くキッチリとした正統型に戻ってしまうのか。
それとも本人の願望であった、志ん生のように、黙っているだけで様になり、最高に笑える最終形態か。
その三通りの答えをこれからの若手が導き出してくれるに違いない。
最後にこの名言はNAVERまとめより、tatakauhito兄のご投稿から執筆したことを白状する。有難うございました。
桂枝雀 名言数 11

2代目桂 枝雀(かつら しじゃく、本名:前田 達(まえだ とおる)、1939年(...

冷泉彰彦 名言数 7

(1959~) 作家。 プリンストン日本語学校教員。

広告