ウィリアム・シェイクスピア 名言数 483

1564年4月26日 - 1616年4月23日
イングランドの劇作家、詩人であり、イギリス・ルネサンス演劇を代表する人物でもある。卓越した人間観察眼からなる内面の心理描写により、最も優れた英文学の作家とも言われている。また彼ののこした膨大な著作は、初期近代英語の実態を知る上での貴重な言語学的資料ともなっている...-ウィキペディア

現在のアクセスランキングは48位。(過去最高は1位)

語録を投稿 語録を画像から投稿

ほんとうよね・・・ - 夜桜
これは表向きは多くは見せかけであり愚かさであるといっている
しかし本当は少ないながら本当の友愛や恋情がある
ということを言っているのであろう
つまりその少ない本物を大切にしろ。と - 悠
広告
広告

新約巨人の星の花形もいってたな〜 - 銘無き石碑
なら自分は「臆病者」だな・・・
でもここでシェークスピアの言う「勇者」ってどんな人間を指しているのかな?
その勇者ってものに人間味を感じないし、現実的に全く想像できない。
超人って事なのかな? - 銘無き石碑
……臆病者とは失敗を恐れ、挫折した事のある人間。
勇者とは挫折した事がない人間? - 銘無き石碑
臆病でもいいじゃないかと思えてきた。
命を簡単に終わらせたくはないから。 - みかりん

コレ、あさのあつこさんの『NO.6』っていう本に出てましたぁ♪
この言葉大好きです☆ - ネコ
人生は歩き回る影法師、哀れな役者だ。 - buti
NO.6かっこいい
シェークスピア憧れ - √
明日が訪れ、そして去り、再び新たに訪れる。日々は遅々として進み、やがてはその最後の瞬間へとたどり着く。全ての昨日とは、ついには塵となる愚か者たちの死への路を照らし続ける灯りだ。消えろ、消えろ、束の間の蝋燭。人の命は影絵の歩み、哀れな登場人物に過ぎない。出番の内はふんぞり返って喚き散らし、それが終われば消えてなくなる。まるで白痴の物語だ。騒がしいばかりで、意味など何もありはしない。 - 似非紳士