他サイト

ニーチェが理想とする超人の姿を形容する言葉(detail.chiebukuro.yahoo.co.jp)
ニーチェにとって「超人」とは、どのような過酷な運命であってもすべて受け入れて肯定し、
「これが人生だったのか、よし、さらばもう一度!」
と自己の生を肯定するたくましい意志を持った人間をいう。(soudan1.biglobe.ne.jp)
「これが人生か、さればもう一度」「これが人生か、ならばもう一度」とも訳される

これが人生か。よろしい、もう一度

AERA Mook 80『キリスト教がわかる。』(朝日新聞社,2002)P93
フリードリヒ・ニーチェ 名言数 331

ドイツの哲学者、古典文献学者。現代では実存主義の代表的な思想家の一人として知られ...-ウィキペディア

意味を教えてください - にこにこ
投稿者です。
説明を追記しました。 - 銘無き石碑
広告
広告
立川談志 名言数 32

東京府小石川区(現:東京都文京区)出身の落語家。落語立川流家元。本名、松岡 克由...-ウィキペディア

映画〈立川談志〉でこの言葉に出会いました。
私は〈仮説実験授業研究会〉というところで子どもたちに楽しい科学教育を提供しています。でもその「研究」というのも楽しいからやっている「貧乏人の暇つぶし」です。鋭く言われたので〈あはは〉と笑っています。 - 源の字
民間の研究機関には、各部門に必ず課題があり、期限内に課題を達成しないと給料は支払われません。社会貢献しているなら貧乏人の暇潰しではありません。談志は悲観的な見方がお好きのようですね。 - 銘無き石碑
立川談志 名言数 32

東京府小石川区(現:東京都文京区)出身の落語家。落語立川流家元。本名、松岡 克由...-ウィキペディア

見捨てないでくれ~~~ - 銘無き石碑
嫉妬しているほうが楽って、理解できない。頭が悪いとそうなるのか? - 銘無き石碑
こんなきれいなブーメラン久しぶりにみた - 銘無き石碑
自分から動くより相手に動いてもらう方が楽だから、相手に自分の土俵まで来てもらうんだろう
しかし、努力だけでは才能を超えられないのもまた現実であり、正解である。
諦めるのでもなく嫉妬するでもなく、そもそも相手と比較せず、与えられた答えを死ぬまで消費し続ける事が人生の正解であり、現実であると考えた。 - 銘無き石碑
劣等感が半端ないなあ。 - 銘無き石碑
立川談志 名言数 32

東京府小石川区(現:東京都文京区)出身の落語家。落語立川流家元。本名、松岡 克由...-ウィキペディア

仕事を楽しめないのは、総合的に考えて、馬鹿だからに尽きるでしょう。 - 闇の貧者へ