慎重であるよりは、果敢であるほうがよいと、断言する。
なぜなら、運命の神は女神なのだから、
彼女に対して主導権を得ようと思うなら、乱暴にあつかうことが必要なのだ。
運命は、冷たいほど冷静に対してくる者よりも、
征服したいという欲望を露わにしてくる者のほうに、なびくようである。
要するに、運命は女に似て若者の友である。若者は、思慮に富んでいないがために
後々のことなど考えず、より激しく、より大胆に、女を支配するからである。

塩野七生 『マキアヴェッリ語録』(新潮文庫,1992)200p
名言表示回数:3539回  人気:圏外(過去最高:28位)
(126) 塩野七生 (255) マキアヴェッリ (64) マキャヴェリ (61) マキャベリ (61) マキァヴェリ (61) マキァヴェッリ (61) 君主論 (15)

ニッコロ・マキャヴェッリ 名言数 92

1469年5月3日 - 1527年6月21日
イタリア、ルネサンス期の政治思想家、フィレンツェ共和国の外交官。 著書に『君主論』、『ティトゥス・リウィウスの最初の十巻についての論考(ディスコルシ)』、『戦術論』がある。理想主義的な思想の強いルネサンス期に、政治は宗教・道徳から切り離して考えるべきであるという現実主義的な政治理論を創始した…-ウィキペディア

現在のアクセスランキングは圏外。(過去最高は4位)

語録を投稿 語録を画像から投稿

寄せられたコメント


直接逢って話をしないのはどうして?何かの病気にかかっているのかい? - 銘無き石碑

臆する病は治るのかいな - 銘無き石碑

何もしない人間には、逃げてばかりで、魅力はない。 - 銘無き石碑

交際する気があるの? - 銘無き石碑

失礼もほどほどに。 - 銘無き石碑

  ※みだりに秩序を乱すコメントを禁じます。