太宰治 名言数 45

1909年6月19日 - 1948年6月13日
日本の小説家である。本名、津島 修治(つしま しゅうじ)。自殺未遂や薬物中毒を克服し戦前から戦後にかけて多くの作品を発表。没落した華族の女性を主人公にした『斜陽』はベストセラーとなる。その作風から坂口安吾、織田作之助、石川淳らとともに新戯作派、無頼派と称された。主な作品に『走れメロス』『津軽』...-ウィキペディア

現在のアクセスランキングは23位。(過去最高は4位)

語録を投稿 語録を画像から投稿

広告

これは名言、というか幸福の本質を表している言葉だと思う。 - 通りすがり
自分に酔ってる。 幸福に感謝する気持ちがないのだろう。 - 銘無き石碑
鬱病の人の相手は疲れるわ。 - 銘無き石碑
這い上がった経験がないと、幸福に感謝する謙虚な気持ちも湧き起こらないのだろう。幸福とは自分に満足していて自分の人生を肯定できることなのだから。まだまだ必死に生きてはいないってことが判明したね。 - 銘無き石碑
広告