自分には幸福も不幸もありません。
ただ、一切は過ぎて行きます。
自分が今まで阿鼻叫喚で生きて来た
所謂『人間』の世界に於いて、
たった一つ、真理らしく思はれたのは、
それだけでした。
ただ、一さいは過ぎて行きます

人間失格
名言表示回数:3446回  人気:圏外(過去最高:3位)
人生 (1525) 若者 (86) 小説 (226) 人間失格 (3)

太宰治 名言数 45

1909年6月19日 - 1948年6月13日
日本の小説家である。本名、津島 修治(つしま しゅうじ)。自殺未遂や薬物中毒を克服し戦前から戦後にかけて多くの作品を発表。没落した華族の女性を主人公にした『斜陽』はベストセラーとなる。その作風から坂口安吾、織田作之助、石川淳らとともに新戯作派、無頼派と称された。主な作品に『走れメロス』『津軽』...-ウィキペディア

現在のアクセスランキングは23位。(過去最高は4位)

語録を投稿 語録を画像から投稿

寄せられたコメント


君が私を失ったら、生活は一気に悲惨になる。恐らく生活水準が下がるだろう。 - 銘無き石碑

それを不幸と言わずして… - 銘無き石碑

この作品の言葉は、ほとんど全て、突き刺さる人には突き刺さる。
「世渡りの才能。……自分には、ほんとうに苦笑の他はありませんでした。自分に、世渡りの才能! しかし、自分のように人間をおそれ、避け、ごまかしているのは、れいの俗諺の『さわらぬ神にたたりなし』とかいう怜悧狡猾の処生訓を遵奉しているのと、同じ形だ、という事になるのでしょうか。ああ、人間は、お互い何も相手をわからない、まるっきり間違って見ていながら、無二の親友のつもりでいて、一生、それに気附かず、相手が死ねば、泣いて弔詞なんかを読んでいるのではないでしょうか。」 - ルンペン

  ※みだりに秩序を乱すコメントを禁じます。