アルトゥル・ショーペンハウアー 名言数 90

1788年2月22日 - 1860年9月21日
ドイツの哲学者。主著は『意志と表象としての世界』(Die Welt als Wille und Vorstellung 1819年)。 仏教精神そのものといえる思想と、インド哲学の精髄を明晰に語り尽くした思想家であり、その哲学は多くの哲学者...-ウィキペディア

現在のアクセスランキングは846位。(過去最高は2位)

語録を投稿 語録を画像から投稿

それについて伝え教える、それを知りたいと願っていても叶わないと知ったのなら、すべてではないという根拠にならないか。相手がもしかしたら知っているだろうと思えても、相手に対してのその者の気持ちをその者は相手へと伝え施すことが出来たか、今現在とその当時気づける範囲とでは別物であるとして、分かり得ない部分の未知を抱え生きて償うことは不幸や生き様に表れる、それが残る者の辛さだと思えました。 - 銘無き石碑
「虚栄心は人を饒舌にし、自尊心は沈黙にする」
「大切なのは普通の語で非凡なことを言うことである。」
「真理はむきだしのままが最も美しい。表現が簡潔であればあるほど、深い感動を与える。そうすれば、
聞き手は雑念に惑わされずに、スッと真理を受け取ることができる。」
                  ~ショーペンハウアー~
 
Simple is Best
    
    混乱は人間の知性の中にだけ在り 
      
    汝、知の限界を知れ         ~老子~ - 銘無き石碑
広告
広告
広告