勘六:また小塚原へ来さっし

何、アノ内へ又候戻れといやるのか。
ヱゝ置ねへな、いけ無作法な、みづからが手をとって、緩怠至極、ヱゝすかねへ人だ

「桜姫東文章」より。
名言表示回数:523回  人気:圏外(過去最高:16位)
歌舞伎 (38) 伝統芸能 (58) 桜姫東文章 (1)

桜姫 名言数 1

吉田家の息女。美貌ながらも生まれつき左手が開かない障害を持っている。

現在のアクセスランキングは圏外。(過去最高は230位)

語録を投稿 語録を画像から投稿


  ※みだりに秩序を乱すコメントを禁じます。