此の世の名残。夜も名残。死にゝ行く身を譬ふれば。
あだしが原の道の霜。一足づゝに消えて行く。
夢の夢こそあはれなれ。あれ数ふれば暁の。
七つの時が六つなりて 残る一つが今生の。鐘の響の聞納め。寂滅為楽と響くなり

「曽根崎心中」より。
名言表示回数:1192回  人気:圏外(過去最高:21位)
歌舞伎 (38) 伝統芸能 (58) 近松門左衛門 (3) 人形浄瑠璃 (8) お初 (1) 徳兵衛 (1)

曽根崎心中 名言数 2

近松門左衛門が書いた人形浄瑠璃や歌舞伎の演目として有名な物語である。

現在のアクセスランキングは164位。(過去最高は6位)

語録を投稿 語録を画像から投稿


  ※みだりに秩序を乱すコメントを禁じます。