まず俺の名を手の平に三編書いて嘗めろ、一生女郎に振られるということがねえ

「助六縁江戸桜」より。
名言表示回数:907回  人気:圏外(過去最高:198位)
歌舞伎 (38) 伝統芸能 (58) 助六縁江戸桜 (1)

花川戸助六 名言数 1

侠客に姿をやつした曾我五郎(助六)は、源氏の宝刀「友切丸」を探すため吉原に通っている。様々な男が集まる吉原で、遊客にわざと喧嘩を吹っ掛けて刀を抜かせようというのである。

現在のアクセスランキングは圏外。(過去最高は94位)

語録を投稿 語録を画像から投稿


  ※みだりに秩序を乱すコメントを禁じます。