西南戦争にて中津隊は帰郷と決まったが、隊長である増田だけは残るという。
なぜかと問うた隊員たちに、増田はこう答えたという。

わたしは君らとちがい、将として本営の西郷先生に接しつづけてきた。
それゆえ、もうどうにもならぬ。
一日西郷に接すれば、一日の愛生ず。三日接すれば、三日の愛生ず。
親愛日に加わり、今は去るべくもあらず。ただ、死生をともにせんのみ

塩野七生『男の肖像』(文藝春秋,1992)94p
名言表示回数:1436回  人気:圏外(過去最高:15位)
忠誠 (12) ホモ (23) ゲイ (11) 西郷隆盛 (3) 塩野七生 (255) やおい (22) 男の肖像 (24)

増田宗太郎 名言数 1

嘉永2年2月23日(1849年3月17日) - 明治10年( 1877年)9月) 中津藩下士増田久行の嫡男。

現在のアクセスランキングは圏外。(過去最高は16位)

語録を投稿 語録を画像から投稿


  ※みだりに秩序を乱すコメントを禁じます。