宅間守 名言数 3

1963年11月23日 - 2004年9月14日
大阪府における小学校無差別殺傷事件の実行犯。 没日に死刑が執行された。

現在のアクセスランキングは圏外。(過去最高は2位)

語録を投稿 語録を画像から投稿

    • 3件を表示

えー、発言してもよろしいか?・・・なら話すわ。
まあ、まだ判決はでとらんのやけども
もうすぐ出るし、わかっとる事やから、
最初に言うとく。
どうも死刑にしてくれて、
ありがとう裁判長さん。
感謝するわ!
わし、死にたい思うてたから、
ほんま助かる。
やっと死ねるんやなーと思うとほっとしたわ。
今のは、誹謗とか批判ではのうて、
純粋のワシの心から出たほんまの気持ち。
わかってもらわんでもええ。
言いたい事はまだある。
 それは、殺してしもーた子供達にや!
わしが殺したガキどもは、
わしの自殺の為の踏み台の為に生きていたんやな!
ほんま、感謝しとる。
あのガキが8人死んでくれたから、
俺が死ねるんやから感謝せなあかん!
死んでくれてありがとう!
 でも、死刑になるだけやったら3人で十分やったな。
残りの5人はおまけで感謝しといたる!
おい、くそガキの親!
おまえらのガキの8人分の命は
ワシ一人を殺して終わりの程度の価値やったんやぞ!
エエ学校に行かせて偉そうにしとったから死んだんや!
 ガキどもが死んだ原因はおまえらあるんや!
せいぜい一生反省せいよ!
あの世でもおまえらの子供しばき倒したるからな!
あははははは!あははは!こらおもろい!

大坂地方裁判所における
死刑判決の直前、
退廷命令を受けて拘置所職員によって
連れ出されながら叫んだ言葉

これは、彼が素晴らしいとかではなく、
我々の社会が彼を生み出したということに危機感を感じる。 - 銘無き石碑
また同様の事件が繰り返されました。社会は何も変わってないということです。 - 銘無き石碑
自分が生きた過程から逃避した結果のみの言葉だろ?
自分の価値を被害者の死に求め、事件の非を遺族に求めた発言で
自己顕示欲の強い彼が最後に振り絞ったソレに何の価値もない - 銘無き石碑
またまた同じ犯罪を繰り返してしまった - 銘無き石碑
偉そうなことボヤいてる奴、宅間が殺した対象が子供じゃなくDQNと半グレだったら掌返して賞賛しそうやな - 銘無き石碑
    • 3件を表示