エドマンド・バーク 名言数 21

1729年1月12日 - 1797年7月9日
アイルランド生まれのイギリスの政治思想家、哲学者、政治家。「保守主義の父」として知られる。ダブリンで富裕なアイルランド国教会信徒の家庭に生まれ、イギリス下院議員(1765年 - 1794年)を務めた。トーリー党(後の保守党)に対するホイッグ党(後の自由党)の幹部を務めたため、バークを保守主義者ではなく自由主義者に分類する説もある...-ウィキペディア

現在のアクセスランキングは817位。(過去最高は2位)

語録を投稿 語録を画像から投稿

    • 21件を表示
広告
広告

特亜の精神そのものだな - 銘無き石碑
自民党議員には、想像力すら無い。 - 無欲人
自民攻撃でマニフェスト詐欺を逸らすテロリス党のためにある - 銘無き石碑
日本人と朝鮮人にふさわしい言葉 - うんこ
共産政権や、日本の似非リベラル野党にそっくり当てはまります。保守主義の父の慧眼ですね。 - シャルロット・コルデー

いまの日本と日本人を見ていると、以下の言葉が思い出される。
There's nothing level in our cursed natures,
But direct villany.
われわれの呪われた世界に、真っすぐなものなど何も無い。
ただ剥き出しの悪があるだけだ。
(シェークスピア『アテネのタイモン』第四幕第三場)
他国をどうこう言う前に、われわれに必要なのは「自省」だと思うのだが…。 - 名言録
日々の生活に追われて、悪と戦う力が残っていないのではないか?何が悪なのか特定したり、状況を調査するにも相当な体力と莫大な時間が必要だ。この理屈でいくと、無力な人間は悪人だということになる。無知な人間ではなく… - 銘無き石碑
強くありたいという思いは、平凡で他者に対してさほど弊害にはならない。しかし、人間の純粋な願望のひとつであろうが、誰よりも強くありたいという願う思いは、ゆき過ぎると、悪に繋がる場合がある。戦争責任の反省って期限はないのか?罪に対する罰は刑期ってものが普通はある筈でしょ? - 銘無き石碑
権力闘争の根源は、勝利に酔い痴れたい欲望に突き動かされて発生するのであろうが、足ることを知るという高次元の精神状態をより多くの人々が獲得すれば、この闘争を回避できるのではないかと考える。多くを望み過ぎないこと、また、少しの富でも満足できることは、欲望を断念することではなく、精神を健全に保つ手段であり、賢明な生き方だと思われる。 - 銘無き石碑
悪→企業、善人→労働者 でもしっくりきますねー
もっとも、今の日本は労働者も悪側に立ってるけど(悲 - 銘無き石碑
    • 21件を表示
広告