多田富雄 名言数 2

日本の茨城県結城市出身の免疫学者。 千葉大学医学部卒業後、千葉大学、東京大学教授、東京理科大学生命科学研究所所長を歴任。 1971年に抑制T細胞を発見するなど免疫学者として活躍する傍ら、能の作者として知られ、脳死の人を主題にした『無明の井』、朝鮮半島から強制連行された人を主題とした『望恨歌』、アインシュタインの相対性理論を主題とした『一石仙人』、広島の被爆を主題とした『原爆忌』がある。

現在のアクセスランキングは圏外。(過去最高は3位)

語録を投稿 語録を画像から投稿

    • 2件を表示
    • 2件を表示
広告