ミヒャエル・エンデ 名言数 20

1929年11月12日 - 1995年8月28日
ドイツの児童文学作家。父はシュールレアリスム画家のエドガー・エンデ。日本と関わりが深く、1989年に『はてしない物語』の翻訳者佐藤真理子と結婚している。また、日本の黒姫童話館にはエンデに関わる多くの資料が収集されている。...-ウィキペディア

現在のアクセスランキングは64位。(過去最高は2位)

語録を投稿 語録を画像から投稿

    • 20件を表示

ほんの些細な出来事が人生を変えるきっかけになる。その人の人生が変わったことによって、周りの人の人生が変わる、それがまた新たなきっかけになる。物事に終わりはなく、水の波紋の様に広がり、それが新たな水の波紋を発生させる。世界には沢山戦争が起こっていた。日本も戦争に負けた。しかし、戦争に負けたという大きな波が平和を目指す今の原動力となっている。戦争に負けたという物語は時代を越えて新たな物語に繋がっている。完全に終わってしまう事などない。全てがはてしなく、永遠に続いている。
この世ははてしない物語である。 - 銘無き石碑
広告

深い喪失感、無力感、先のみえない想いや未来に恐れをなしたとき、この言葉を思い出します。
そう、始まりはいつも暗いのです。
そこから光を生みだし、世界を創るのです。
最初の一歩を踏み出すには勇気がいる。
でも、勇気をだして踏み出せば、二歩目から後はずっと簡単。 - 1q75
広告
    • 20件を表示