小出義雄 名言数 9

陸上競技の元選手でマラソン・中長距離選手の指導者。 千葉県佐倉市出身。大きなサングラスが特徴。 2001年東京国際女子マラソン9位の小出正子(現姓高橋)は実子。 2001年エドモントン世界選手権マラソン代表の高橋健一は婿

現在のアクセスランキングは圏外。(過去最高は3位)

語録を投稿 語録を画像から投稿

    • 9件を表示

・・・多くの人間が生活している社会では個人ばかりが許されるなら法律は生まれなかっただろうし、
常識も今よりずっと多様的だっただろうね。
あることを行って、それをたらたらと納得しなければならない野暮や早急に済ませようとする慢心を除いて、
いずれにしても処世の常識は少なからず自己を放棄することを要求する。
・・・労働に従事する活動と金銭事情の変遷に大きく依存する近代的な社会では、
他人に命令したりされたりせずに、自己を保持している人はおそらくおもっている以上に良い趣味の持ち主である。
生涯のうちで理不尽な妥協を誰しもが一度は法と作法の下で迫られる。
ああ、この一杯の紅茶を飲む瞬間にもまた生まれて、死んでいく憐れ、
わずかに洞察することもすべからく予測することも叶わずに。
それにしても相手の立場になって物事を考えろと説教する人は、何かひどい誤解をしている。
というのも、一度でも真剣に他人の立場に立ってみようとしたら口にできない。
・・・そのことを言葉にてあらわしてはここにあるものをもうかれこれ何度見ただろう?
人々は栄誉だとか神だとか、おまけに魂や心を信じようとする。
諦念と活動とがなければ人は今あるものを見続けられないように思う.
・・・人はいつか、その終わりに向き合わなければならない。
ちょうど死に逝く人に花を携えるように。ただひたすら沈黙していよう。
黙礼とはそのためのものである。 - MANABU
広告
    • 9件を表示
広告