ウォルト・ホイットマン 名言数 29

1819年5月31日 - 1892年3月26日
ウォルター・ホイットマン (Walter Whitman, 1819年5月31日 – 1892年3月26日) はアメリカ合衆国の詩人、随筆家、ジャーナリスト、ヒューマニスト。超越主義から写実主義への過渡期を代表する人物の一人で、作品には両方の様相が取り込まれている。アメリカ文学において最も影響力の大きい作家の一人でもあり、しばしば「自由詩の父」と呼ばれる。発表当時の作品に対する評価は大きく割れ、特にその代表作の詩集...-ウィキペディア

現在のアクセスランキングは圏外。(過去最高は13位)

語録を投稿 語録を画像から投稿

「寒さにふるえた者ほど太陽の暖かさを知る。人生の悩みをくぐった者ほど生命の尊さを知る。」
 このホイットマンの詩の中で,生命という文字はなんて読んだらいいのかな? (せいめい)または(いのち)のどちらか教えてください。辞書だと(せいめい)ですが・・・。 - etc
広告
広告