三島由紀夫 名言数 72

1925年1月14日 - 1970年11月25日
日本の小説家・劇作家・随筆家・評論家・政治活動家・皇国主義者。血液型はA型。戦後の日本文学界を代表する作家の一人であると同時に、ノーベル文学賞候補になるなど、日本語の枠を超え、海外においても広く認められた作家である。『Esquire』誌の「世界の百人...-ウィキペディア

現在のアクセスランキングは70位。(過去最高は1位)

語録を投稿 語録を画像から投稿

三島は数十年も前に今の世の中の本質を突く言葉を幾つも残している。 - 銘無き石碑
安倍晋三 西大寺にて - 銘無き石碑
a - a
安倍総理が撃たれたので - 銘無き石碑

政治と権力闘争は分けて考えるべきだ。 - 銘無き石碑
過去には暗殺や濡れ衣の死に至る事件が多発した。現代の政治は、日本では殺しは確実に減っている。 - 銘無き石碑

広告

広告

君とは、ずっと前から妥協して関わってますよ。 - 銘無き石碑

>ただ一面が気に入らんということじゃなくて、その人間を全部抹殺することですね。
我々は国家や組織の論理ではなく、「魂の論理」に忠実でなければならない。
Liberty of thought is the life of the soul.
思想の自由は、魂そのものである。
(ヴォルテール) - 名言録
右翼だから、文学界から抹殺されてましたもんね - 銘無き石碑
口が達者じゃないタイプに多いかも。 - 銘無き石碑
大化の改新もな - 銘無き石碑
論破する能力がないからじゃないの? - 銘無き石碑

日本の敗れたるはよし 農地の改革さられたるはよし 社会主義的改革も行われるがよし
(中略)
されど、ただ一つ、ただ一つ いかなる強制、いかなる弾圧、いかなる脅迫ありとても
陛下は人間(ひと)なりと仰せらるべからざりし

三島由紀夫『英霊の声』(河出書房新社)
小室直樹『痛快!憲法学』(amazon.co.jp)(集英社インターナショナル,2001)270p

挫けそうなときにけっこう便利です、(^-^)v - 銘無き石碑
普通、決意→習慣と考えられているが、三島先生は習慣があるから決意できるんだと言っている。確かにただ決意しただけではあんまり意味はないし結局夢は破れてしまう。それよりもまず習慣にすることでポジティブな思考とハイレベルな意識を得られるんではないかと思う。 - 銘無き石碑