〈仁義〉は、最底辺の肉体労働者たちが、連帯を固めるための誓いである。決して遊び人の〈義理の盃〉を充たす美酒ではない。

著書『破滅の美学』より
名言表示回数:792回  人気:圏外(過去最高:15位)
(64) 労働者 (21) 格差 (15) 格差社会 (6) 誓い (2) 仁義 (1) 連帯 (4)

笠原和夫 名言数 3

1927年5月8日 - 2002年12月12日。東京都出身の脚本家。男性。日本大学中退。海軍特別幹部練習生から様々な職を経て東映宣伝部に入る。1958年(昭和33年)からシナリオ執筆を始め、マキノ雅弘監督『日本侠客伝』シリーズ、深作欣二監督『仁義なき戦い』シリーズ(第四部まで)の脚本ほかで知られる。主に東映で、時代劇、やくざ映画の脚本を多数執筆。代表作に『博奕打ち 総長賭博』、『県警対組織暴力』、『二百三高地』、『大日本帝国』、『226』、『浪人街』など多数。著書に『映画はやくざなり』『破滅の美学』など。

現在のアクセスランキングは圏外。(過去最高は11位)

語録を投稿 語録を画像から投稿


  ※みだりに秩序を乱すコメントを禁じます。