ただ執拗に 飾り立てる
切り落とされると知りながら
ただ執拗に 磨き上げる
切り落とされると知りながら
恐ろしいのだ 恐ろしいのだ
切り落とされる その時が
切り落とされた その髪は
死んだあなたに 似てしまう
髪も爪も みな宝物のように
美しく飾り立てるのに
なぜ自らの体から切り離されただけで
汚く不気味なものとなってしまうのだろう
答えは簡単
それらは全て
自らの死した姿に ほかならないからだ

ジャンプ・コミックス『BLEACH』29巻冒頭の詩(?)より。
名言表示回数:5959回  人気:圏外(過去最高:4位)
久保帯人 (41) 漫画家 (22) BLEACH (24)

久保帯人 名言数 1

現在のアクセスランキングは圏外。(過去最高は12位)

語録を投稿 語録を画像から投稿


  ※みだりに秩序を乱すコメントを禁じます。