多数派の数の力を頼み、憲法上の権利を少数派から奪うようなことがあれば、
道徳的に見て革命は正当視されよう。

「演説集」より
名言表示回数:1679回  人気:圏外(過去最高:13位)
民主主義 (94) 道徳 (133) 改革 (48) 社会 (434) 革命:革命家 (91) 法:法律 (94) 差別 (33) 大統領:首相 (55) 憲法 (53) 抵抗 (18) 少数派 (2) 抑圧 (3)

エイブラハム・リンカーン 名言数 24

1809年2月12日 - 1865年4月15日
アメリカ合衆国の政治家、弁護士である。名前は、アブラハム、姓はリンカンと表記されることもある。 弁護士、イリノイ州議員、上院議員を経て、1861年3月4日、第16代アメリカ合衆国大統領に就任した。 アメリカ合衆国最初の共和党所属の大統領である...-ウィキペディア

現在のアクセスランキングは圏外。(過去最高は2位)

語録を投稿 語録を画像から投稿

寄せられたコメント


この訳は少し変ではと思いました.前半は多数派が権力を振りかざしていけないとの否定ですので,最後の「正当視されよう」と肯定です.「正当視されないであろう」であれば判るのですが.だれか教えて下さい. - 小浜君

すみません.良く読んだら判りました.多数派を倒す「革命」が正当視されるのですね.済みません板汚しでした. - 小浜君

  ※みだりに秩序を乱すコメントを禁じます。