どこかに都合よく子どもの面倒を見てくれるところがないかと、
親は思っているんだと思います。
幼稚園や保育園だけではなく、幼児教室のようなものもあって、
たくさんの子どもたちが通っています。
親も、教室の経営者も、
遊び相手や友達ができていいとか、
家にばかりいたら引きこもりになるとか、
さまざまな理由を探すでしょう。
けれども、早期教育とか、そういうところまでの意識は特にないと思います。
とにかく子どもがそこにいる間、親は、『自分の手がかからない』。
誰もそう言わないかもしれませんが、それが本音じゃないでしょうか。

名言表示回数:1158回  人気:圏外(過去最高:圏外)
日本 (2113) 親子 (77) 子育て (25) 怠惰:怠慢 (42) 生活 (107) 出産 (6)

吉本隆明 名言数 78

1924年11月25日 - 2012年3月16日
日本の詩人、評論家。東京工業大学電気化学科卒業。学位は学士。東京工業大学世界文明センター特任教授(講義はビデオ出演のみ)。 「隆明」を音読みして「りゅうめい」と読まれることも多い(有職読み)。漫画家のハルノ宵子は長女。作家のよしもとばななは次女。...-ウィキペディア

現在のアクセスランキングは261位。(過去最高は3位)

語録を投稿 語録を画像から投稿

寄せられたコメント


はい、そうです。全くその通りでございます。育児と言うものは何の罪も犯していないのに日々罪悪感を感じさせられ、ひとりで生きていた頃より孤独感を感じるものです。子供を死なせてはならない、真っ直ぐいい子に育てなければならないという重圧からほんの一時間でも解放されたいと思う事の何がいけないのでしょうか。24時間ずっと仕事をしろ、一瞬の気の緩みも許さないと言われたら誰でも疑問を感じるのに、母親が24時間育児をして一瞬たりとも気を緩めてはならないのはそれが母性だから、の一言で片付けられるのでしょうか。 - Nigera

  ※みだりに秩序を乱すコメントを禁じます。