日本のマスコミは、
教育制度に比べれば独立性が高く、
一見したところ『システム』内で仇役の立場を演じているように見える。
ところが、日本の新聞かほぼ一貫して見せる『反体制』の姿勢は、
いたって表面的なものである。
日本の新聞は、決して『システム』を『真正面から本格的』に論じることはない。
時折、『システム』の一部構成員に対して激しい怒りを示すことはあっても、
それが三週間以上続くことはめったにない。
また、その怒りも、かえって他の競合構成員の利益になることが多い。
この点において現代日本のジャーナリストは、
初期の新聞に比べて勇気がないといえる。

名言表示回数:751回  人気:圏外(過去最高:52位)
日本 (2113) 社会 (431) メディア (21) システム (29)

カレル・ヴァン・ウォルフレン 名言数 43

生 1941年4月
オランダ・ロッテルダム出身のジャーナリスト、政治学者。現在はアムステルダム大学比較政治・比較経済担当教授。 オランダ語の発音ではカーレル・ファン・ヴォルフェレンとなる。...-ウィキペディア

現在のアクセスランキングは圏外。(過去最高は6位)

語録を投稿 語録を画像から投稿


  ※みだりに秩序を乱すコメントを禁じます。