対象化する働きとしての知恵には、無知の知という矛盾が潜んでいるのであった。
それが精密化されてゆくとき、その対象の陰で、人間は容易に自らを見失うことになるだろう。

死とは人間にとって福の最上なるものではないかどうか、何人も知っているものはない。
しかるに人は
それが悪の最大なるものであることを確心しているかのようにこれを恐れるのである。
しかもこれこそまことにかの悪評高き無知、
すなわち自ら知らざることを知れりと信ずることではないのか

『ソクラテスの弁明』(岩波文庫)
名言表示回数:1498回  人気:圏外(過去最高:57位)
(319) 哲学 (327) 賢者 (266) 無知の知 (2)

ソクラテス 名言数 41

紀元前469年頃 - 紀元前399年4月27日
ギリシアの哲学者

現在のアクセスランキングは514位。(過去最高は3位)

語録を投稿 語録を画像から投稿


  ※みだりに秩序を乱すコメントを禁じます。
広告