「水が出たぞ」。無線機から一報が聞こえた。
「その瞬間、『やった』という達成感があった。みんな同じ気持ちだったと思う」。
全隊員の脱出を確認し、最後に敷地を出た。
 胸の線量計は、全隊員のうち最も高い「27ミリシーベルト」を示した。
しかし、石井隊長は「自分でよかった」とほっとした。

自分の被ばく線量が最大ならば、隊員は自分より安全。それが我々のやり方だ。

「被ばく線量最大、自分でいい」=難航、緊迫…―福島原発派遣の東京消防庁隊長
時事通信 2011年3月24日(木)18時9分配信
名言表示回数:1723回  人気:圏外(過去最高:1位)
リーダーシップ (6) 福島第一原発 (5) 消防庁 (1)

石井泰弘 名言数 1

東京消防庁第3方面本部消防救助機動部隊(ハイパーレスキュー)の部隊長

現在のアクセスランキングは圏外。(過去最高は1位)

語録を投稿 語録を画像から投稿

寄せられたコメント


いや、若い人は線量低くても危険なんだなこれが
もっと言えば線量に安全はない - 銘無き石碑

  ※みだりに秩序を乱すコメントを禁じます。