国内政策上でも、フランスのルール工業地帯侵入はきわめて大きな将来のための可能性をドイツに与えた。
わが民族の多くの者は、嘘に満ちた新聞の耐えざる影響によって、
フランスを相変わらず進歩と自由の闘士とみなしていたが、
急激にこの迷妄からさめたのである。

一九一四年という年は国際主義的な民族連帯の夢想を
わがドイツ労働者の頭から追放し、そしてかれらを突然、
あらゆる場所で生物が生物を食べて生きており、
弱き者の死は強き者の生を意味する永遠の格闘の世界へと連れ戻したが、
一九二三年の春もそれと同じ働きをしたのである。

名言表示回数:2097回  人気:圏外(過去最高:2位)
戦争 (1569) 弱肉強食 (16) わが闘争 (311) 民族主義 (9) 生存競争 (2)

アドルフ・ヒトラー 名言数 372

1889年4月20日 - 1945年4月30日
オーストリア及びドイツ国の政治家、軍人、画家。 文献によってはヒットラー、ヒットレル、ヘトレルとも表記される。 国家社会主義ドイツ労働者党(ナチ党・ナチス党)指導者。ドイツの首相・大統領を兼ねる「総統」として第一次世界大戦後のドイツを拡大政策に導き、ポーランド侵攻(白作戦...-ウィキペディア

現在のアクセスランキングは14位。(過去最高は1位)

語録を投稿 語録を画像から投稿


  ※みだりに秩序を乱すコメントを禁じます。