将棋の対局はきわめて厳しい。
(米長邦雄)先生が
「対局が終わると、頭の血管が膨れあがり、頭皮が真っ赤になっていることがある」
といわれたことがある。それほど長く、深く集中するのだ。
若い私ですら一局が終わると疲れ果て、翌日は身動きするのもつらいほどである。
それぐらい消耗するのだ。

勝負の世界では「これでよし」と消極的な姿勢になることが一番怖い。
名言表示回数:2133回  人気:圏外(過去最高:8位)
過酷 (2) 勝負 (61) 将棋 (74) 対局 (2) 肉体 (10) 頭脳労働 (1) 消耗 (2)

羽生善治 名言数 99

生 1970年9月27日
日本の将棋棋士。二上達也九段門下。棋士番号は175。...-ウィキペディア

現在のアクセスランキングは103位。(過去最高は1位)

語録を投稿 語録を画像から投稿


  ※みだりに秩序を乱すコメントを禁じます。